代表挨拶

私は、「アイターン」という言葉もない時代に林業の世界に飛び込みました。「変わり者」と呼ばれた私を受け入れてくれた地域では、人に恵まれ、森の仕事に引き込まれて行きました。そして、森に刻まれた人々の歴史を知り、森づくりの大切さと奥深さを知りました。家族を持ち、充実した日々を送っていましたが、地域での生活に慣 れてくると、いくつかの疑問も生まれてきました。林業は、面白くやりがいがあり、社会に貢献できる仕事です。この大切な仕事を未来につなぐために、林業を特殊な仕事から普通の仕事にしたいと思い始めました。そして、恩師や先輩方のご支援の下、林業技術者の地位向上を目指して、有限会社天竜フォレスターが始まりました。以降、様々な方々からのご支援を頂きながら、少しずつ成長してきました。 

時代とともに社会の価値観が変わり、地域の有り方や木の使われ方も変わりました。しかし、資源を貯えた森が目の前にあり、木が使われなくなった訳ではありません。地域の森が価値のある資源として循環し、将来に渡 り豊かな森が造られ、木材が様々な用途に使われるようにすることが私たちの仕事となります。そして、この仕事 に携わる様々な職種や世代の人々が誇りを持ち健全な生活を送ることが大切です。私達は、人を人財とし、森林所有者様、木材製品メーカー様、行政等の林業関係者様と共に、地域林業の発展に貢献したいと考えています。 

有限会社天竜フォスター 代表取締役

今井 保隆

略歴

神奈川県藤沢市出身 1958年生まれ 

1982年    日本大学農獣医学部林学科卒業

           龍山村森林組合 入組
1988年    グリーン丸木 入社(恩師の下で独立に向けて勉強)

1990年    有限会社天竜フォレスター 設立

会社概要

会社名 有限会社天竜フォレスター
代表取締役 今井保隆
所在地 〒431-3426 静岡県浜松市天竜区両島925-1
電話番号 053-925-1411
設立 1990年8月1日
資本金 930万円
事業内容 素材生産、造林保育、森林整備、森林管理
従業員数 15人(2021年11月現在)
平均年齢 33歳(2021年11月現在)

・フォレストリーダー 4名、フォレストマネージャー 1名(農林水産省大臣認定)

・森林施業プランナー 2名(森林施業プランナー協会認定)

・静岡県伐木チャンピオンシップ優勝者 2名

​沿革

1990年

林業技術者5名と森林所有者3名の出資により設立 

1997年

地元の森林所有者との協業グループ「天竜森林の会」を設立。

静岡県の支援を受け車両 系集材機械を導入し、木材生産システムの改善に着手。


1998年

静岡県認定事業体登録

 

1999年

木材生産システムの改善に伴う第 1 期設備投資開始


2004年

第1期設備投資が終了し、木材生産システムが架線系集材から車両系集材へ移行する。

全国 「間伐・間伐材利用コンクール 全国森林組合連合会会長賞」受賞

2007年

新卒者の採用を開始し、次代の人材育成に着手

2009年

第2期設備投資を開始し、生産性向上と規模拡大に着手

2012年

森林経営計画の作成に着手し、総合森林サービスの展開を始める。


2013年

第2期設備投資が終了し、低コスト生産システムの基礎が出来る。
静岡県「ふじのくに未来をひらく農林漁業奨励賞」受賞

2021年

静岡県緑化推進機構功労者 会長賞受賞

国際基準の森林認証FSC-COC 単独取得(FSC-C166925 SA-COC-010188)

静岡県山林協会 治山・林道等コンクール 森林整備等工事部門 優秀賞受賞

現在

自社森林経営計画4団地(500ha)、協力森林経営計画6団地(1,800ha)に様々なサービスを提供している。
年間施工面積 120ha(木材生産 110ha、保育 10ha)
年間木材生産量 8,500㎥、年間作業道開設 17,000m 

経営理念

経営理念

林業を未来につなぎ、人の未来をつなぐ

「未来につなげる林業」には、元気な森づくりが必要です。

「元気な森」は、人の歴史が重ねられ、資源が循環する森です。

「資源が循環する森」は、地域の元気につながり、そこには元気な人の生活があります。

「未来につなげる林業」には、経験に基づく確かな技術と、過去に囚われない若い感性が必要です。

社員の技術と知恵を結集して、質の高い林業経営を目指します。

行動指針

1. お客様の利益に貢献する

2. 今を理解し、未来を考える

3. 創意工夫を重ねる

4. すぐに行動する

5. 求められる仕事をする