代表挨拶

私は、「I ターン」という言葉もない時代に林業の世界に飛び込みました。「変わり者」と呼ばれた私を受け入れてくれた地域では、人に恵まれ、森の仕事に引き込まれて行きました。そして、森に刻まれた人々の歴史を知り、森づくりの大切さと奥深さを知りました。家族を持ち、充実した日々を送っていましたが、地域での生活に慣 れてくると、いくつかの疑問も生まれてきました。林業は、面白くやりがいがあり、社会に貢献できる仕事です。この大切な仕事を未来につなぐために、林業を特殊な仕事から普通の仕事にしたいと思い始めました。そして、恩師や先輩方のご支援の下、林業技術者の地位向上を目指して、有限会社天竜フォレスターが始まりました。以降、様々な方々からのご支援を頂きながら、少しずつ成長してきました。 

時代とともに社会の価値観が変わり、地域の有り方や木の使われ方も変わりました。しかし、資源を貯えた森が目の前にあり、木が使われなくなった訳ではありません。地域の森が価値のある資源として循環し、将来に渡 り豊かな森が造られ、木材が様々な用途に使われるようにすることが私たちの仕事となります。そして、この仕事 に携わる様々な職種や世代の人々が誇りを持ち健全な生活を送ることが大切です。私達は、人を人財とし、森林所有者様、木材製品メーカー様、行政等の林業関係者様と共に、地域林業の発展に貢献したいと考えています。 

有限会社天竜フォスター 代表取締役

今井 保隆

略歴

神奈川県藤沢市出身 1958年生まれ 

1982年    日本大学農獣医学部林学科卒業

           龍山村森林組合 入組
1988年    グリーン丸木 入社(恩師の下で独立に向けて勉強)

1990年    有限会社天竜フォレスター 設立 

© 2020 天竜フォレスター Co.,ltd.